Loading...
所属弁護士[Lawyers]
鬼追明夫
鬼追 明夫
Akio Kioi
読書、囲碁、ゴルフ
  • 奈良県立五条高等学校卒業
  • 大阪市立大学法学部卒業
経歴[Career]
1958年(昭和33)04月
司法研修所入所(12期)
1960年(昭和35)04月
大阪弁護士会に弁護士登録
1962年(昭和37)04月
太田・鬼追共同法律事務所開設
1967年(昭和42)04月
なにわ共同法律事務所に改称
1973年(昭和48)
大阪弁護士会副会長
1990年(平成02)
大阪弁護士会会長
1996年(平成08)
日本弁護士連合会会長
1999年(平成11)
整理回収機構代表取締役 就任
2004年(平成16)
整理回収機構代表取締役 退任
2009年(平成21)04月
日本漢字能力検定協会理事長 就任
2010年(平成22)03月
日本漢字能力検定協会理事長 退任
取扱事案[Handling Cases]
  • 大東水害訴訟(弁護団長)
  • 多奈川第2火力発電所建設差止め訴訟(弁護団長)
  • 村本建設株式会社更生管財人
的場俊介
的場 俊介
Shunsuke Matoba
将棋、ゴルフ
  • 大阪大学法学部卒業
経歴[Career]
1978年(昭和53)04月
司法研修所入所(32期)
1980年(昭和55)04月

大阪弁護士会に弁護士登録、事務所入所

大阪弁護士会財務委員会委員、同調査室嘱託等を歴任

2008年(平成20)04月
家事調停委員(大阪家庭裁判所)
取扱事案[Handling Cases]
  • ゴルフ場の民事再生事件その他倒産事件
佐古祐二
佐古 祐二
Yuji Sako
日本現代詩人会等に所属、総合詩誌「PO」編集長
  • 和歌山県立桐蔭高等学校卒業
  • 京都大学法学部卒業
経歴[Career]
1978年(昭和53)04月
司法研修所入所(32期)
1980年(昭和55)04月

大阪弁護士会に弁護士登録、当事務所入所

大阪弁護士会常議員、同司法問題対策委員会副委員長、 同外国弁護士問題対策委員会委員、同法曹養成委員会委員、 同司法シンポジウム準備委員会委員、同広報委員会委員、 同消費者保護委員会委員、同公害対策委員会委員

日弁連司法問題対策委員会委員、同司法シンポジウム運営委員会委員、 同法曹養成委員会委員、同法曹三者合同会議幹事等を歴任

取扱事案[Handling Cases]
  • 西淀川大気汚染公害裁判
  • 不動産仲介料請求事件(原告事件、被告事件)
  • 設計料請求事件
  • 商法204条の3に関する事件
登載裁判例[Precedents]

「譲渡制限のある株式の譲渡につき会社から指定された買受人が株主に対し売渡請求をした後これを撤回することの可否」(大阪高裁平成元年4月27日判決・判例時報1332号130頁)

「原告が運営する臨床研究用病院の診察室及び病棟等が、地方税法348条2項12号の非課税規定にいう『直接その研究の用に供する固定資産』に該当するとして、固定資産税等の賦課決定処分が取り消された事例」(大阪地裁平成18年3月23日判決・判例タイムズ1208号133頁)→最高裁で勝訴確定。

「税理士がその業務の履行に過失があったとして損害賠償責任が認められたが、会計監査法人はその業務の履行に過失はあったものの、税理士の行為とは客観的関連共同性がなく、損害との因果関係もないとされた事例」(大阪地裁平成20年7月29日判決・判例タイムズ1290号163頁)

執筆[Writing]

「司法修習生の法的地位と67条試験―民主的法曹養成の確立を目指して」大阪弁護士会司法問題対策委員会

「欧州法曹養成制度の研究」日本弁護士連合会欧州法曹養成制度視察団、日本評論社発行のイギリスの法曹養成制度の部分

「司法問題にどう取り組んできたか―国民のための司法を目指して―」-「大阪弁護士会会報」184号・憲法40周年記念特集号(共同執筆)

日弁連を考える全国有志懇談会にて、「司法試験の現実的かつ根本的検討を」と題する報告―全国有志懇談会機関誌「懇談」3号掲載

白出博之
白出 博之
Hiroyuki Shirade
テニス、中国語、ギター、二胡、読書、映画鑑賞
  • 宮城県立石巻高等学校卒業
  • 立教大学社会学部観光学科
  • 立教大学法学部法律学科卒業
経歴[Career]
1993年(平成05)04月
司法研修所入所(47期)
1995年(平成07)04月
大阪弁護士会に弁護士登録、当事務所入所
2005年(平成17)04月
姫路独協大学法学部特別教授就任(消費者法,倒産法,債権回収)
2010年(平成22)12月
姫路独協大学法学部特別教授退職
2011年(平成23)01月

中華人民共和国赴任

学校法人池坊学園理事

学校法人好文学園理事

大阪弁護士会消費者保護委員会委員

同総合法律相談センター運営委員会委員

同倒産法改正問題検討特別委員会委員

同研修センター運営委員会副委員長

同弁護士倫理委員会副委員長

日弁連消費者問題対策委員会副委員長等を歴任

取扱事案[Handling Cases]
  • 大和都市管財国賠事件
  • 整理回収機構・関与者責任追及弁護団
著書[Publishing]

先物取引被害救済の手引き(共著,日弁連消費者問題対策委員会編)民事法研究会

金融商品取引被害救済の手引き(共著,日弁連消費者問題対策委員会編)民事法研究会

銀行の融資者責任(共著,日本弁護士連合会編)東洋経済新報社

破産実務Q&A150問(共著)金融財政事情研究会

実践 先物取引被害の救済(共著)民事法研究会

論文[Paper]

「無意味な反復売買に関する判例」(先物取引被害全国研究会 先物取引被害研究6号,7号)

「客観的アプローチによる違法性論争の現状について」(先物取引被害全国研究会 先物取引被害研究10号,14号)

「判例分析・商品先物取引(金沢地裁平成10年11月6日判決)」(説明義務・情報提供義務をめぐる判例と理論・判例タイムズ1178号)

中国案例百選「環境公益訴訟において最高額の損害賠償等を命じた例」(国際商事法務 Vol40,№1〔2012年1月号〕)

「中国民事訴訟法修正案(草案)について」 (国際商事法務Vol40,№2〔2012年2月号〕)

「中国民事訴訟法の改正について」 (国際商事法務Vol40,№11〔2012年11月号〕)

「中国民事訴訟法の改正条文等について(1)(2)(3 完)」(法務省法務総合研究所国際協力部報第53号,第54号,第56号)

中国民商法の理論と実務「新民訴法の適用に関する最高人民法院の司法解釈について」(日本商事仲裁協会JCAジャーナル2013年6月号)

特別座談会「中国への法整備支援の現状と課題―中国民事訴訟法の全面改正」(有斐閣 論究ジュリスト 2013年春号)

「中華人民共和国消費者権益保護法修正案(草案)について」 (国際商事法務Vol41,№8〔2013年8月号〕)

「中国における消費者保護の現状と課題」(国民生活研究第55巻第2号 2015年12月)

濵田雄久
濵田 雄久
Takehisa Hamada
時事通信社発行 時事速報シンガポール版「法務カフェ」連載中
  • 愛知県立明和高等学校卒業
  • 大阪大学法学部卒業
  • Duke University School of Law 法学修士課程修了
経歴[Career]
1993年(平成05)04月
司法研修所入所(47期)
1995年(平成07)04月
大阪弁護士会に弁護士登録、当事務所入所
2004年(平成16)08月
アメリカ合衆国Duke University School of Lawに留学
2005年(平成17)08月
アメリカ合衆国Duke University School of Law 法学修士号取得
2005年(平成17)08月
シンガポール共和国 Rajah & Tann 法律事務所において研修開始
2006年(平成18)03月
ニューヨーク州弁護士登録
2006年(平成18)08月
当事務所復帰
2013年(平成25)04月

大阪大学大学院高等司法研究科招へい教授就任

大阪弁護士会子どもの権利委員会副委員長、同広報委員会委員、 同研修委員会委員、同司法修習委員会委員、同国際委員会委員、 大阪弁護士会常議員、日弁連子どもの権利委員会事務次長等を歴任

著書[Publishing]

破産実務Q&A150問(共著)金融財政事情研究会

建物賃貸管理マニュアル(共著)新日本法規

よくわかる司法福祉 (共著)ミネルヴァ書房

子どもの虐待防止・法的実務マニュアル(改訂版) (共著) 明石書店

Q&A新人事訴訟法解説 (共著)日本加除出版

シンガポール会社法Q&A(共著)ジャパンテクノロジーセンター

アメリカ倒産法上下巻(翻訳)レクシスネクシス・ジャパン

論文[Paper]

シンガポール競争法の概要 国際商事法務 Vol34,No.5

会社法2005年改正 シンガポール日本商工会議所月報(シンガポール会社法に関するもの)

競争法第34条、第47条の規制 シンガポール日本商工会議所月報(シンガポール競争法に関するもの)

関心分野[Interests]
債権回収、倒産事件、渉外事件(特にアジア関連)、企業再生、銀行取引、 不動産取引、ゴルフ場問題、借地借家、家事事件、少年事件、 児童福祉関係
溝上 絢子
Ayako Mizokami
旅行
  • 大阪教育大学附属高等学校池田校舎卒業
  • 大阪大学法学部卒業
  • 大阪大学大学院法学研究科修士課程修了
経歴[Career]
2003年(平成15)04月
司法研修所入所(57期)
2004年(平成16)10月
大阪弁護士会に弁護士登録、当事務所入所
2008年(平成20)04月 - 2010(平成22)年9月
大阪大学高等司法研究科(ロースクール)非常勤講師
2011年(平成23)09月
大阪弁護士会 常議員
現在

大阪弁護士会 高齢者・障害者総合支援センター運営委員会委員

大阪弁護士会 男女共同参画推進本部委員

取扱事案[Handling Cases]
  • 西武鉄道株主集団訴訟(有価証券報告書虚偽記載問題に関して)
著書[Publishing]

建物賃貸管理実務研究会編「建物賃貸管理マニュアル」(新日本法規)(共著)

「中小企業法の理論と実務」(民事法研究会)(共著)

関心分野[Interests]
企業法務、企業再生事件、倒産事件、家事事件(成年後見等・相続)、その他一般民事事件
森川 順
Jun Morikawa
  • 大阪府立四條畷高等学校卒業
  • 一橋大学社会学部卒業
  • 立命館大学法科大学院修了
経歴[Career]
2009年(平成21)12月
大阪弁護士会に弁護士登録(新62期)、当事務所入所
2010年(平成22)10月 - 2012(平成24)年3月
立命館大学エクステンションセンター講師
関心分野[Interests]
企業法務、倒産事件、家事事件(離婚、親子関係)、マンション関連事件,その他一般民事事件,少年事件
河端直
河端 直
Nao Kawabata
サッカー、ロードバイク
  • 私立桃山学院高校卒業
  • 同志社大学法学部法律学科卒業
  • 大阪大学大学院高等司法研究科修了
経歴[Career]
2013年(平成25)11月
司法研修所入所(67期)
2014年(平成26)12月
大阪弁護士会に弁護士登録 当事務所入所
著書[Publishing]

野村剛司編「法人破産申立て実践マニュアル」(青林書院)(共著)

関心分野[Interests]
倒産・企業再生事件,少年事件,一般民事事件
海川直毅
海川 直毅
Naoki Umikawa
音楽演奏、音楽鑑賞、ゴルフ、ドライブ
  • 奈良県立奈良高等学校卒業
  • 一橋大学法学部卒業
経歴[Career]
1998年(平成10)04月
司法研修所入所(52期)
2000年(平成12)04月

大阪弁護士会に弁護士登録、当事務所入所

大阪弁護士会情報問題対策委員会副委員長、同人権委員会委員、日弁連人権大会シンポジウム実行委員、同情報問題対策委員会幹事等を歴任

2006年(平成18)12月
大阪弁護士会から東京弁護士会に弁護士登録変更
著書[Publishing]

有罪捏造(勁草書房)

関心分野[Interests]
企業・団体の法務全般、企業再生事件、不動産関連の分野、個人の遺言・相続関係、刑事事件
鍬竹昌利
鍬竹 昌利
Masatoshi Kuwatake
スポーツ、サッカー観戦、ドライブ
  • 静岡県立磐田南高等学校卒業
  • 一橋大学法学部卒業
経歴[Career]
2003年(平成15)04月
司法研修所入所(57期)
2004年(平成16)10月
東京弁護士会に弁護士登録,矢吹法律事務所入所
2008年(平成20)05月
金融庁検査局総務課勤務
2010年(平成22)08月
当事務所入所
著書[Publishing]

最新金融商品取引法ガイドブック(新日本法規出版)(共著)

契約用語使い分け辞典(新日本法規出版)(共著)

関心分野[Interests]
金融関係事件,倒産・再生事件,一般民事事件,刑事事件
永田 敏樹
Toshiki Nagata
野球(草野球・観戦)、生け花
  • 慶應義塾高等学校卒業
  • 慶應義塾大学法学部卒業
  • 学習院大学法科大学院修了
経歴[Career]
2007(平成19)年11月
司法研修所入所(新61期)
2008(平成20)年12月

横浜弁護士会(現 神奈川県弁護士会)に弁護士登録

岡本法律事務所入所

2012(平成24)年4月
井町総合法律事務所入所
2013(平成25)年4月
永田法律事務所設立
2017(平成29)年1月
当事務所入所
関心分野[Interests]
一般民事事件、離婚・相続等の家事事件、成年後見事件、借地借家、倒産事件